営業時間 8:45〜17:45 (月〜金)

製品詳細塩化バリウム グレード表はこちら

英名/和名/別名 塩化バリウム
Barium chloride【劇物】
塩バリ
化審法化学物質 (1)ー79 安衛法 公表
CAS番号 (無水物)10361ー37ー2(2水和物)
GHS分類ID番号 309(10326-27-9)
H26-B-078/R-032(厚·瑛26年度,10361一37—2)
性状 ●BaCl2·2H2O
●分子量(式量):244.28
●無色斜方晶系結晶
●比重3.10、120℃以上で無水物
●無水物の融点962℃
●水に可溶(20℃の溶解度35.7/100水一無水物)
●メタノールに可溶
●刺激性の苦味があり有毒
●硫酸塩と反応して水に不溶の硫酸バリウムを生じ、硫酸根の除去および定量に応用される
規格 JIS K 1414-92,試薬JIS K 8155-06(二水和物)、ISO6353-2-83(試薬)
用途 有機顏料、製紙、金属熱処理剤、硫酸根の除去剤、医薬品(レントゲン造影剤の原料)、雷子材料原料、堂光体原料
製法 無煙炭またはオイルコークスと重晶石を乾燥したあと、粉砕混合し、反射炉またはロータリーキルンで還元焙焼を行い硫化バリウムにする。この焙焼物を塩酸で溶解すると、塩化バリウム溶液が得られる。この液を濃縮し、脱鉄精製して結晶槽に入れ水冷して結晶を析出させ、脱水分離する。無水物は結晶(2水塩)を150℃以上に加熱すると得られる。発生する硫化水素はカ性ソーダ溶液などに吸収させる。
取扱注意 過酸化物は反応性に富み、貯蔵および使用上、火災の危険性がある。希ガス中または流動パラフィン中に保存。水と激しく反応し、水素ガスを発生。乾燥した不活性雰囲気中で取り扱う。
消火剤:燃焼している金属に対して水を絶対に使用しないこと。ドライケミカル・砂・黒鉛
保護具:防塵マスク、保護メガネ、保護手袋、保護靴、保護衣
毒・劇物の廃棄法…(1)沈殿法 水に溶かし、硫酸ナトリウムの水溶液を加えて処理し、沈殿沪過して埋立処分する。
毒性 急性経口毒性LD50:45mg/kg(マウス)。許容濃度ACGIH0.5mg/m³(バリウム化合物,TWA)。RTECS=急性経口毒性LD50:118mg/kg(ラット)。
可溶性バリウムはきわめて猛毒。
応急措置:目に入った場合、すぐ流水で十分洗う。皮膚についた場合、石けん水で十分洗う。飲み下した場合、硫酸ソーダまたは硫酸マグネシウムを経口投与し、バリウムイオンを不溶性の硫酸バリウムにした後、胃洗浄を行う。
適用法規 消防法 第9条の3貯蔵・取扱いの届出物質政令別表第2省令第2条(塩化バリウム)(200kg)。
毒·劇物取締法 第2条別表第2劇物。
労働安全衛生法 施行令第18条、第18条の2(名称等を表示し、又は通知すべき危険物及び有害物)。
船舶安全法 危規則第2条危険物等級6.1毒物(正6.1容器等級3)。
航空法 施行規則第194条危険物毒物(M等級3)。
お電話からのお問い合わせ
HPからのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
44