営業時間 8:45〜17:45 (月〜金)

製品詳細二酸化チタン グレード表はこちら

英名/和名/別名 二酸化チタン
Titanium dioxide
酸化チタニウム;チタンホワイト;酸化チタン;ピグメントホワイト6(C.I.No.77891);チタン白;酸化チタン(IV)
化審法化学物質 (1)ー558 またはP.W.6(5)ー5225 安衛法 公表
CAS番号 13463–67–7
GHS分類ID番号 21B3034(厚·環21年度)
性状 ●TiO2
●分子量:79.90
●白色粉末
●正方晶系
●比重3.6〜4.3(ルチル型)、3.8〜4.0(アナタース型)
●融点1,858℃
●屈折率2.52(アナタース型)、2.71(ルチル型)
●着色力が大きく、亜鉛華の6倍、鉛白の15倍
●隠ペい力は白色顔料中最大で亜鉛華の6〜7倍
●毒性なし
●過剰の濃硫酸に高温で作用される
●溶融アルカリ、溶融KHS04に侵される
●誘電率は著しく大きい(ルチル型114)
●工業的に製造されているのは、ルチル型とアナタース型
●顔料としての性能はルチル型の方が優れている
規格 工業薬品としてはJIS K 5116-04、IS0 591-1-00に顔料用二酸化チタンが規定されているほか、試薬としてJIS K 8703-11があり、日本薬局方、食品添加物公定書に規定がある。FDAではコーティング用およびその他の使用を許可している。
用途 塗料、化合繊のつや消し、印刷インキ、化粧品、乳白ガラス、有機チタン化合物の原料、ゴムおよびプラスチックの着色、リノリウム用顔料、絵具、クレヨン、ほうろうや陶磁器のうわ薬、製紙、チタンコンデンサー、溶接棒被覆剤、歯科材料、レザー、石けん、なっ染顔料、皮革(なめし剤)、アスファルトタイル、光触媒、触媒、セラミック材料、生休材料、食品添加物、室素酸化物除去(自動車,火力発電所、ごみ焼却炉排ガス)、ダイオキシン除去、各種触媒坦体、樹脂、底用顏料、織維、硝子、窯業、製紙、ゴム
製法 【硫酸法(ノルウェー法)】
イルメナイトをボールミル中でできるだけ細かに粉砕、乾燥する。これに濃硫酸を加えて溶解すると、パンケーキ状の反応物が得られる。これに水を加えて抽出し、不溶解物を分離し、沪液にくず鉄を加えて、三価の鉄を二価に還元する。この液を静置して不溶解物を沈殿させ、上澄液を冷却して硫酸鉄を大部分結晶析出させて脱水分離し、焙焼の際における結晶化の完成と粒度の調度などのため、添加剤(主としてアルカリ金属の炭酸塩、リン酸塩など)を加え液中の鉄を二価の状態に保ちつつ煮沸すると、チタンだけが加水分解して沈殿し、鉄は母液に残る。このときメタチタン酸TiO(OH)2が生成する。
【塩素法】
ルチル鉱、合成ルチル、その他の含チタン鉱石またはチタンスラッグに石油コークス、木炭などの炭素物質を加え粉砕混合し、粘結剤を加え成形し、赤熱脱水したのち、約800℃に加熱した塩化炉中で塩素ガスを通じると、チタンと鉄が塩化物となって気化する。これを精留し、純粋な四塩化チタンとしたのち熱分解し後処理を行い製品になる。
取扱注意
毒性 許容濃度第2種粉じん1mg/m³(吸入性粉じん)、4mg/m³(総粉じん)。
適用法規 化審法 第8条届出不要物質。
労働安全衛生法 施行令第18条、第18条の2(名称等を表示し、又は通知すべき危険物及び有害物)。
海洋汚染防止法 施行令別表第1有害である物質(Z類)(slurry)。
お電話からのお問い合わせ
HPからのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
40